« 読みにくい名前はルビをぜひ | トップページ | しっかり休むため【お盆は忙しい】 »

2016年7月31日 (日)

”反ダイバーシティ”の重要性

「ダイバーシティ(多様性)の重要性」といえば今や、性別にしろ、国籍にしろ、障害の有無にしろ、いずれの多数派も少数派も口にする事柄です。けれど、多数派が感じている重要性と、少数派が思っている重要性は、相当違うものだなあ、と最近、実感しました。

それを思ったのは出身のお茶の水女子大の同窓会一泊旅行でした。もう数年前だと、まだ子どもが小さくて出られない仲間が多かっただろうし、もう少し先だと親の介護の問題も重くなるのだろうけれど、50代前半の今はちょうどよい時期のようです。19人中、なんと13人も集まれて、想像以上に盛り上がったイベントでした。「○ちゃんってば、変わっていない!」「△さんらしいよね」と当時と今とが錯綜するのが楽しい。そして、「ああ、同じ性で同じ年齢で、仕事をしている場合は専門が同じとはいえないけれどほぼリケジョ(私もそんなところ)で。それゆえ関心事や悩み(仕事上のことも、健康や美容のことも)が同様で、こんなにも共感し合えるのか」と驚きました。

男女雇用機会均等法施行が86年、その2年後に学部卒業という世代です。それでリケジョゆえ、企業の研究所勤務などが多く、そうなると皆それぞれ、職場では少数派です。それが同窓会に来たら、多数派どころか「皆、同じじゃん!!」状態です。私も普段は「自分は少数派」と意識して気張っているわけではありません。でも同世代の同性は、職場で”点在”状態なので、頻繁に行き来をする感じではないんですね。取材をきっかけに親しくなった同世代同性も同様です。「相手は世代か性は違う」ということが、生活の中で99%を占めています。それが普通。少数派の普通の環境。それだけに、「ああ、多数派になるとこんなにも自分は自由になれるのか」と実感したわけです。同類で集まる機会をつくることはとっても重要、「反ダイバーシティが重要だ!!」という具合でしょうか。

と思い出したことが一つ。学部を卒業するころ、「お嬢様ブーム」というのがありまして。大学院の研究室の同世代男性らに「お嬢」と呼ばれて、「ウフフ」と思っていた私。大学の同窓会でそんな話になったら、就職した同級生のだれもが、職場で「お嬢と呼ばれていた」ことが発覚。少数派ゆえいい思いをしていいたけど、別に自分が特別だったわけではなかったのね、という現実でありました。

|

« 読みにくい名前はルビをぜひ | トップページ | しっかり休むため【お盆は忙しい】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/63993954

この記事へのトラックバック一覧です: ”反ダイバーシティ”の重要性:

« 読みにくい名前はルビをぜひ | トップページ | しっかり休むため【お盆は忙しい】 »