« ”反ダイバーシティ”の重要性 | トップページ | PCファイル整理で思う「絶対幸せ」 »

2016年8月 7日 (日)

しっかり休むため【お盆は忙しい】

文部科学記者クラブには「ノーレクデー」という、「この間はレクを受け付けません」という期間があります。記者が安心して休めるようにするのが狙いです。もっともそうはいっても、「お盆にハワイ」という資金余裕がなかなかない場合は、予定をずらすしかありません。私は9月に休みをお願いしています。

お盆明けは例年、概算関連の取材に忙しくなります。ので、「旅行もあることだし、お盆の今のうちに、外部での取材案件をすませてしまおう」と動きます。9月半ば締め切りの割り当て企画の取材を、今しちゃうという具合ですね。近年は取材先も、一斉休み(大学はこれですね)と個別の休み取得が混在しています。そこで取材先AとBとCの状況を連立方程式として並べて、最適のアポイントの組み合わせを設定するため、連立方程式を解く。なんだか忙しいわあ~、というわけです。

これに今年から始まる「山の日」も影響します。プライベートでも「11祝、13土、14日の予定をどう入れるか、身内や友人の予定を連立方程式として解く」ことになるからです。今日も「お店Aの営業日を確認して、Bから返事がきたら、ペンディングをお願いしているCに連絡して、同時にDにあれをお願いしよう」とてんてこ舞いです。「この先は、概算疲れの休養週末も必要だし、旅行もあるし、9月末まで予定が一杯」みたいな気分です(笑)。

さらに明日から仲間が夏休みに入ります。よってこちらでも「急に対応すべき案件が、振ってくるかもしれない」と気になります。でも、自分も「9月には休むから」と思えば、まったくもって平気です。お互いにフォローして鋭気を養って、「よく学び(働き)よく遊べ」です。これは本当に大事なことですよね。

実は昨年、仕事上の問題を抱えていたため、我慢してまとまった休みを取りませんでした。1日休んで、少ししてもう1日、という程度。そうしたら、ちっともリフレッシュできなくて、「今年は休めなかった」とうつうつした気分を引きずる羽目になってしまいました。よくないですよね。

概算を抱えている文科省だって、財務省とのやりとりでの緊張を持ちつつも、合間をみて上手に休む、という課長の話を聞くと「いいな」って私は思います。年長者や管理職が率先して動かないと、周囲も休みづらいですからね。「休みはまだ決めていない」という方は、ぜひ心を入れ替えてください(笑)。「よく働き、よく遊べ」、さあご一緒に!!

|

« ”反ダイバーシティ”の重要性 | トップページ | PCファイル整理で思う「絶対幸せ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/64026399

この記事へのトラックバック一覧です: しっかり休むため【お盆は忙しい】:

« ”反ダイバーシティ”の重要性 | トップページ | PCファイル整理で思う「絶対幸せ」 »