« ドラマ「ノンママ白書」にハマる | トップページ | 個人研究費の記事の反響と、気の強さ »

2016年8月31日 (水)

概算祭りと追加便

概算取材、今年は1週間の間に記事4本が1面に載るという、私としてはかつてない好成績のものとなりました。自慢しちゃいますよ~。

◎16.8.25(木)付1面は2連発。一度に2本、1面に載るなんて初めての経験です。 「『挑戦的』研究に助成 社会基盤刷新と新産業創出 文科省」と 「物材機構が新拠点 材料の基礎研究集約 企業の投資 効率化」が並びました。

◎8.26(金)付1面は 「データ科学の拠点形成 文科省 57億円」 都心部向けの後版は、地方の早い版に比べカットされてしまい、やや残念。でも、すごいニュースが後から来ると「後版では落っこちちゃう(1面から他の面に戻される)」こともあるので、そうならなくて幸いです。

◎同じく8.26の2面には 「科技分野1兆1254億円 イノベーション創出推進」。それから仲間の執筆ですが「『ひとみ』代替機39億円 文科省 X千天文衛星を開発」もあります。

◎8.29(月)付1面は「ビッグデータ産業活用 文科省 大学などで人材育成」。このうち国立大支援の分は残念ながら、弊紙が対応できない夕刊・週末掲載で、読売と日経に載りまして、「抜き」ではなくなりました。が、ポスドクに対する人材育成事業と2本、合わせての執筆は弊紙のみです。

◎同じ日の2面は「”産学共創”体制強化 文科省」で国立大学の基盤的経費の内訳を書きました。合わせて仲間が「社会の在り方変える研究実用化」も載せています。

すごいですねえ。これらすべてが発表前の記事なのです! 2面の月付は他省庁の案件もてんこもりで、「概算祭り、になっているよ」との声が。本当、そういう感じですね。私は大きなニュースでも、「同じ話を他メディアと一緒になって書く」という祭りは好きではないのですよ。でも今回は、「かなりの部分を、ウチがリード(抜き)しての祭り」ですからね。嬉しいものです。

ところで。なぜか、25日の物材機構の一面記事は、文科省の記事スクラップ(コピーで省内を回る)に採用され忘れていました。一面なのに、目立たなかった?? 声をかけたところ、翌日のスクラップの最後に「追加便」として添付されました。

実は同様のケースがもう一つ。7月13日付の1面トップ「科研費に大型助成 新設 2千万円 独創的研究後押し 文科省」です。表も写真も入った大きな一面トップです。それが、「どんなに目立ってるかな」とワクワクしながらスクラップを見に行くと、ない。…なぜ? で、これも追加便をお願いしました。小さい記事じゃないのに、省内に知られないなんて悔しいもん。「どうしたんでしょうね」と何人かに話すと、複数の人が「日刊工業の1面トップに科研費が載ると思わなかったんじゃないの」と返してきました。うーん、その感想は確かにそうだ、と私も思いましたが…。しかしまあ、一面の記事のスクラップは落とさないでほしいですよ~。広報セクションのご担当者様、よろしくお願いします。

|

« ドラマ「ノンママ白書」にハマる | トップページ | 個人研究費の記事の反響と、気の強さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/64136798

この記事へのトラックバック一覧です: 概算祭りと追加便:

« ドラマ「ノンママ白書」にハマる | トップページ | 個人研究費の記事の反響と、気の強さ »