« 映画「オケ老人!」に職種の新旧を思う | トップページ | 留学生にもお勧め、「池袋防災館」 »

2016年12月 4日 (日)

1年前と取材の様子が違って

この秋、取材において「あれ?」と思うことがしばしばありました。私の仕事の仕方の問題です。いずれも独自企画の取材なのですが、一回で完結しなかったり、仲間との調整がずれたり、といったことが発生です。どうしちゃったんだろう?

それで気づきました。私は一年前の文科省主担当という状況から、今は以前と同様の大学・産学連携担当に専任する状態に戻っています。そこで「以前から気になっていたけれど、着手できなかった形の大学取材に取り組む」と企画を手掛けるようになった。かつてと同じ切り口の取材では、ない。だから様子が違っているのだ、ということに。

担当替えがあっても春から夏にかけては、政府の動きや概算取材で比較的、例年通りの展開だった。ノーベル賞までは感じなかった。その後の「さて、これから何をしよう」という思案で、このようなある意味、挑戦をしたから今、そのように感じているのですね。

そう思ったら、急にポジティブな気分になってきました~(笑)。なんだか手間どってご迷惑をおかけした取材先の皆様、社の関係の皆様、申し訳ありません。レベルアップした仕事を模索中ですので、どうぞご容赦くださいませ!

|

« 映画「オケ老人!」に職種の新旧を思う | トップページ | 留学生にもお勧め、「池袋防災館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/64582070

この記事へのトラックバック一覧です: 1年前と取材の様子が違って:

« 映画「オケ老人!」に職種の新旧を思う | トップページ | 留学生にもお勧め、「池袋防災館」 »