« 私大トップに聞く 600校の生き残り戦略 | トップページ | 幹事期間中も、記事はアグレッシブな3週間 »

2017年4月16日 (日)

理事長と学長、総長の違い

2017.4.13付の日刊工業新聞「大学・産学連携」面に、清家篤慶応義塾長のインタビューを掲載しました。「600校の生き残り戦略 私大トップに聞く」の連載2回目です。前回のブログで触れたテーマ、私学の自立と自己財源増に向けた資金運用について書きました。

慶応は寄付金収入が、大学の中でもダントツに多くて、それを資産運用するのに長けていることで知られています。同時に、リーマンショックでの資産運用のマイナスについても、雑誌などではだいぶ騒がれました。今回の取材でも、リーマンショック直後の塾長就任時には、「金融資産の時価は簿価を530億円、下回っていた」と出ました。530億円?! なんという規模でしょう。それだけマイナスだった、って…。で、「一部を減損処理してその後、債券など安全なものに買い替えた」けれども、「私学は建学の理念を貫くためにも、自己財源を増やすことが欠かせない」と力説です。研究費や奨学金などに運用益を使える「第3号基本金」は「塾長就任時より約200億円多い、約600億円に増やすことができた」。これは日本の私学で最大だそうです。すごいですねえ。私学の財務は、会社のスタイルともだいぶ違っていて、企業経営者でもなかなかわかりにくいと聞いています。ので私の能力ではもちろん、突っ込んだ分析ができないのですが(笑)、それでも「すごいんじゃない?」と思う私大です。

では、ここで私学のトップの立場を復習してみましょう! まず、私学は「学校法人」が運営組織で、大学や高校etcを含めて法人全体をみているトップが「理事長」です。このうち、大学なら「学長」、高校なら「校長」が、各「学校」の教育(大学なら研究も)、運営を見ているトップとなります。

例えば東京理科大学なら、経営者としての理事長には、卒業生でアサヒ飲料社長だった本山和夫氏が就いています。学長は、教育・研究をよく知る学内教員から選出されることが多いのですが、東京理科大は光触媒で著名な藤嶋昭氏が外部から呼ばれてきました。私学の「総長」は理事長兼学長、ということで早稲田大学や法政大学などがこの形です。では国立大学はどうでしょうか。こちらは「国立大学法人」という組織形態で、「学長」が理事長に相当する運営責任を担っており、私学で言うなら理事長兼学長、という立場になります。旧帝大などは「総長」と自称していますが、国立大学法人法上は規定がなくて、「学長」で統一されています。複雑ですね。私の説明で伝わったかどうか、気になります。

それでようやく慶応です(笑)。ここは、学校法人慶応義塾のトップとして「慶応義塾長」を置いており、これは「慶応義塾理事長 兼 慶応義塾大学長」となります。私学のほかの総長と同じ立場、だけど慶応は「塾長」なんですね。おまけに、関係者は「慶應」の表記を使うも、新聞社としては「慶応」の表記で統一されています。いやわかりにくい。一般に「わかりにくい」は無視されがちで、いいことではない。けど慶応だと、わかりにくくてもそのこだわりが通せちゃう。多くの大学に、そんな存在感の強さを目指してほしいと思います。

|

« 私大トップに聞く 600校の生き残り戦略 | トップページ | 幹事期間中も、記事はアグレッシブな3週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/65158657

この記事へのトラックバック一覧です: 理事長と学長、総長の違い:

« 私大トップに聞く 600校の生き残り戦略 | トップページ | 幹事期間中も、記事はアグレッシブな3週間 »