« 理研の記事で社内三つ巴? | トップページ | 卓越大学院で概算100億円、ほか大学もの3記事 »

2017年6月25日 (日)

職場のパーフェクト軽食を開拓

夕方、職場でとる軽食を考え直す、というブログを以前に書きました。甘い菓子が多く、「昼食を減らしておいて、これではマズイ」と思ったためです。その後、健康と美容の女性誌チェックなどで見直した結果、なかなか自慢のシリーズができてきました。具体的には…

ナッツ、ドライフルーツ(女性向けのザクロなど)、干し大豆、干し小イワシです。素敵~(笑)。前二つは女性誌で頻繁に出てきているもの、後二つは自宅近くで、包装材の「原材料」欄を熟読して、シンプルなものを探しての結果です。これに「もっと空腹な時に」手を伸ばすシリアルバー系で、「ソイジョイ」が加わります。小麦でなく大豆をベースに、クリームとかチョコとか使わずにおいしい。さすが個性的な大塚製薬グループの食品です。

次に挑戦しようというのが飲み物です。お茶よりもお腹が満足するもの、としてスキムミルク(脱脂粉乳)を暖かいお湯(熱湯は固まってしまうのでパス)に溶かす、という形です。

きっかけは、自宅で就寝前に飲む牛乳を、普通のものから低脂肪乳へ、そして無脂肪乳に変えたことです。「無脂肪でこれくらいの味なら、許容できるな」と思いました。で、「昔は超マズイと思った(戦後の実体験ではありませんよ~)脱脂粉乳も、味は改善されているのでは」と気づきました。実際に自宅で試してみると、無脂肪乳とほぼイコールの味となり、私には問題ありません。そして! 粉なので職場の机の中に保存できるのです。これなら先の食品群と一緒の場所に置いておけます。冷蔵庫はあるんですよ。記者クラブに共用のものが。でも、そこに無脂肪乳1リットルパックをドーンと置くのは、ねえ。だいたい、自宅近くのスーパーはともかく、職場近くのコンビニで売っているか怪しいし。外取材が多いと飲みきれずに古くなってしまうし。共用で置かれている野菜ジュースは時々、飲んでいます(席で軽いランチを取る時など)が、個人で冷蔵庫を頻繁使いするのはためらわれるのですよ。

このうえで、「ナッツは個包装だけど、開封して今日明日と二日で食べよう」とか、「直帰だから外でもパクッと口に入れられるのは、これかな」とか、いろいろ思案しちゃいます。と、そんな話をしたら、同僚に「それって、今晩はどのビールとつまみにしようか、と楽しみに悩むのと同じですね」といわれました。そうかもしれません。夕方の軽食を楽しみに、昼間の仕事をがんばるといたしましょう(笑)。

|

« 理研の記事で社内三つ巴? | トップページ | 卓越大学院で概算100億円、ほか大学もの3記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/65439097

この記事へのトラックバック一覧です: 職場のパーフェクト軽食を開拓:

« 理研の記事で社内三つ巴? | トップページ | 卓越大学院で概算100億円、ほか大学もの3記事 »