« へこんでも戻る | トップページ

2019年1月 7日 (月)

2019年=平成31年=新元号元年

今年は改元の年。4月に新元号が発表され、5月からその元号に変わるとのことです。新聞社の記事は西暦で統一しているため、通常のリリース(配付資料)が元号で出てくるのに対して、計算して表示しなおす手間が常につきまといます。「前もっての元号変更の時期が決められるチャンスなのだから、ここは思い切って! 元号を止めてしまう、となればいいのにな~」と思うのですが、そうはいかないようです。運転免許証は併記になるとのことでいい対応だと思います。ほかもぜひ、併記を進めてほしいところです。

一番面倒なのは、新トップの略歴を書く時でしょうか。海外が長い研究者だと西暦で出してくれることもありますが、多くは官庁の慣例にならって、元号で記されています。以前は国立大学も文科省の1部局でしたし、伝統的な企業は国策会社の歴史を背負っているせいか、西暦にしないんですよね。5月以降に就任する新トップだと、昭和-平成-新元号の三つが記されてくるわけです。もちろん執筆時の労力を減らすため、早見表を使っていますが、間違える危険性をはらんでいます。そういえば以前、某法人の周年の合わせた記事を書いたときには、たしか「61年」くらいで、昭和のことか西暦のことかで混同して、締め切り間際に頭に血が上ったことがありました…。

日本はさらに、年度と年(暦年)の違いもあって本当に大変です(この年度と暦年については以前のブログにも書いています)。でも。年末年始のとあるコラムで見つけて、これについては少し前向きになりました。「リセットして、さあがんばろうというチャンスが、日本には新年1月と新年度4月の2回もある」っていう表現を目にしたのです。なるほど~、「あ~あ、最近うまくいっていない」って思っても、まき直しの機会が多いなら、きっとまた頑張れますよネ。

じゃあ、西暦と元号の両方があることのメリットは?? これは私の方でも探していくことにします。うん、常に前向き。ポジティブ思考。さらに踏み込んで「何でも自分にいいように解釈」(笑)。今年もこれで参ります、どうぞよろしくお願いします。

|

« へこんでも戻る | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521576/67566893

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年=平成31年=新元号元年:

« へこんでも戻る | トップページ