« スロージョギング | トップページ | 心配性のインフルエンザ対策 »

2019年1月28日 (月)

「すごそう、だけどよく知らない」一面トップ記事

「4法人と総研大、運営統合 大学共同利用機関法人 交付金減少に対応」を2019.1.23の一面トップで掲載しました。https://newswitch.jp/p/16207 これ、すごそうでしょう? ウエブでも、掲載日と翌日の電子版の反応はよかったようです。が、ニュースイッチでは広がっていません。たぶん他のニュースウエブで取り上げられなかったのでしょう。これはつまり、「通には受ける」けど、「すごそう、だけどよく知らない機関だねというのが、大半の感想」だからではないか、と踏んでいます。

大学共同利用機関法人って、知らないですよねえ。簡単にいうと、「国立大学の仲間」の研究組織で傘下に17研究所があります。なじみがあるところの名称でいうと、高エネルギー加速器研究機関、国立天文台、国立情報学研究所、国立極地研究所、歴博(国立歴史民俗博物館)あたりでしょうか。これらの施設や設備を全国の研究者に提供し、日本の科学を下支えしています。国立大学等の運営費交付金で活動しており、今の交付金の議論とも関わってきます。それから総合研究大学院大というのも、知らないですよね。これは86の国立大の一つ。上記の研究所での研究指導で学位を取る場合、同大の学生となるというフクザツな関係性で成り立っています。それらが、名古屋大と岐阜大のアンブレラ方式と同じ形で、運営を統合するのです。そう聞くと、「運営統合」って見出しで一面トップに、実際原稿を出してから即、掲載されたのも、理解できるのではないでしょうか。

実は似たものに 「共同利用・共同研究拠点」(共共拠点)というものがあります。これは国立大の付置研究所が、自分で研究するだけでなく、持っている施設や設備をよその研究者に使ってもらう活動をする、文科省の認定事業です。拠点となるのは各国立大の1部局。で、手がけていることは、大学共同利用機関とほぼ同じ。過去にも研究所の入れ替えというか再編がけっこうあったのです。だから混同しても仕方ない面もあるのでしょう(笑)。正直言うと、私はこれらの取材にようやく手を付けたのが昨秋からで、それ以前は私もよくわかっていなかったのです。

先に取材を始めたのは共共拠点で、この一つの某研究所に出向きました。少し前に同窓ということで親しくなった所長に、取材を申し込んでいました。前半は所長室でその方に取材です。中盤、時間調整の問題があって所内の写真撮影へ。戻ってきてからは所長室で、別の方が質問に対応してくれました。気になったのは、所長が部屋を出入りしたりパソコンをいじったりしている側で、別の方に話を聞くというスタイルでした。ちょっと変でしょう? 「早く帰ってよ。こっちは忙しいんだから」という意図ではないとは思いましたが。最後にシメようとした時のこと。所長が「そうか。(専門記者の)山本さんでさえ理解はこのような感じなんだね。ましてや一般の人には(研究成果は別として組織の話は)何も伝わっていないんだろうね。今日はすごく勉強になった」といわれました。嫌みじゃないんですよ、それは話しぶりでわかりました。それで思ったんです。「私、仲間のように扱ってもらっての在席だったんだ」って。所長室で、所長の側で、所員らが打ち合わせをしているって感じ。これ、ご挨拶してからまだ2回目、と考えると破格の、親しさを持っての待遇だったのでは、と気づきました。

私のミッションは、「社会一般には知られていないけれど、重要なテーマを記事で発信する」ことです。「このメディアのこういう分野の専門記者だから」と勝手につくったミッションですが。その意味で、「大学共同利用機関法人」と「共同利用・共同研究拠点」は私のテーマにばっちりはまる。この分野の担当になって長いのに、まだ新たな開拓の余地があるとは。これまで手がけてなくてすみません。ミッションに照らしてこれから次々と、同テーマで書いてまいりますよ~!

|

« スロージョギング | トップページ | 心配性のインフルエンザ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「すごそう、だけどよく知らない」一面トップ記事:

« スロージョギング | トップページ | 心配性のインフルエンザ対策 »