« 定年退職後のトライアル? | トップページ | 「大事に使う」との意味 »

2019年10月20日 (日)

元私大広報の友人、年長女性社長との体重話

台風19号の大暴れ、直前にはノーベル化学賞吉野さん、直後には(私一人のことですが)東大本郷‐東大柏‐学士会館と
予定みっちり歩き回りデー、とこの間、気になる案件が続きました。と、これはしばらくブログを書いていなかったことの言い訳的な「導入部」です。「本論」はこのみっちり取材デーの翌日に会った友人の話です。

相手は以前、私立大学の広報を担当していて知り合って、同世代同性で親しくなって、今や本当に貴重な友人の一人です。昨日は彼女が通っているホットヨガに、「お友達紹介」ということでトライアル参加し、一緒にヨガ(初心者用だったのでストレッチという方が近いかも)のレッスンを受講。テニスボールを膝に挟むエクササイズ? でその痛さに仰天しました! 後でインストラクターに尋ねたところ、筋肉が疲れているためだろうと。そうかあ、前日の歩きがやっぱり、今の年齢と体力からすると大変だったんだなあ。本当は、インストラクターは新規加入の勧誘のためにコミュケーションしてくれていたのです。が、記者はコミュニケーションのプロですからね。勧誘はさらっと受け流しつつ、自分の知りたいことをシッカリ質問したのでした。その後、友人と食事とおしゃべりを楽しみました。彼女は私大の今は別部門の職員をしているため、仕事周辺のおしゃべりで「あるある」感と、「そうなんだ」の意外性と、バランスがよくて楽しいのです。職場の同僚女性が増えても、同世代でないと話せないことはいろいろとあり、そういうテーマで楽しめるのも嬉しいです。

ヨガがらみで健康の話となれば、まさにそう。「ホットヨガ、ちょっと会員費が高くないですか」と私が聞くと、うなずきながら「でも止めると、せっかくやせたのが戻ってしまいそうで」と。その不安、わかるわかる。でもって私からは、昨今のつくづく感じるところ、「筋肉と脂肪の付き方が変わってきたのか、体重は少ししか増えていないのに、どうして」という「告白」は、彼女が初めてかもしれない。若い女性相手にこんなこといえないじゃあないですか。いや、本当はブログで言うのも恥ずかしいとは思うけれど、でもまあ体重はここ数年で増えたといっても▽㌔㌘程度なんだから、と書いてしまいましたわ~。

けれども、同性同世代だからといっても、大きく状況が食い違うこともあります。体重絡みで別件を一つ。以前から親しい中小企業の女性社長と食事会をした時のこと。以前から気になっていたことで、その日はお酒も入って雰囲気も良く、今日ならいってもいいかな、って。「社長、本当に細いですねえ」って。そうしたら「私、何十年も体重が同じで、▽kgからどんなに食べても0.5kgと変わらないんですよ」との返事が。「えっ、▽kg?! ○kg(▽より10高い数字)じゃなくって?!」と返した私。衝撃です。なんと、「32kg」だというのです。し、信じられません。そんな体重の人が普通の社会人でいるんですか。それも社長業で…。絶句、でした。

とまあ、老眼話の次は体重話…。おもしろくしようとすると自虐ネタになるというのは、本当そうですね。次は仕事のテーマでかっこいいブログが書けるよう、がんばりたいと思います。

|

« 定年退職後のトライアル? | トップページ | 「大事に使う」との意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定年退職後のトライアル? | トップページ | 「大事に使う」との意味 »