« メディアにバンバン出る、理系女性リーダーの内永ゆか子氏 | トップページ | 南町田グランベリーパークは東工大の隣駅 »

2022年5月 1日 (日)

2022年5月第0週。ペットの救急医療センターと、生命科学分野の研究不正防止策。

1.東京農工大学、動物の高度専門医療の救急センターを開設。 そうなんですよ。街中の診療所に対し、そこでは難しいケースに紹介される大学の病院。定常的な通院でお世話になる病院に対し、状態が急変した場合に駆け込む救急センター。この二つがあるのは動物も人間も、同じなんですね。今回の会見で知りました。写真はHPからの、現在あるの同大の動物病院の施設平面図です。Noukoudai この分野は詳しくないですが、診察室は8つ、手術室は3つもあって「さすが」の雰囲気が感じられますね。

この会見、小金井市長も出席したのですが、自分に関連するペットの具体的なケースで、通常の挨拶とはだいぶ雰囲気の違う長ーいおしゃべりになりました(笑)。会見参加の地元向けメディア記事では書いた社もあることでしょう。家族の一員であるペットに、手厚い医療が求められる時代ですからね。最初、私は「土日夜間の救急で対応するなんて、東京農工大の負担はずいぶんだろうに」とびっくりしたのですが、「飼い主の思いを受け止められるほかにない機関」として、存在感を上げることでしょう。記事はこちらから。

2.東京大学定量生命科学研究所、NIIと共同で生命科学分野のデータ管理基盤を開発。 これ、「生命科学分野の研究不正防止策」という内容から、それなりにインパクトがあるだろうと思っていました。が、ニュースイッチのタイトルがイマイチで、そのことが伝わりません…。ので、ニュースイッチ編集部にリクエストすることにします。ブログから飛ぶと、直ったカッコイイタイトルがみられることを祈りつつ。記事はこちらから。


今回は5.1のアップ。5月第1週の表記を次回にあてるため、今回は「第0週」とタイトルに入れました。変かなあ? 明日月曜は私も出社しますが、今年のGWは休みが長く感じられる嬉しさです。

| |

« メディアにバンバン出る、理系女性リーダーの内永ゆか子氏 | トップページ | 南町田グランベリーパークは東工大の隣駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メディアにバンバン出る、理系女性リーダーの内永ゆか子氏 | トップページ | 南町田グランベリーパークは東工大の隣駅 »