« 22年8月第1週。理工系の授業に日刊工業新聞を取り入れる | トップページ | 22年8月第2週。東工大・東京医科歯科大の統合協議、社会が縦型から横型へ&LCA »

2022年8月13日 (土)

地方大学に講演で呼ばれるなら、お得な2本立てを逆提案します

7月末に某地方大学に講演で出向きました。久しぶりの遠出で、猛暑であっても嬉しい企画です。きっかけは昔々、名刺交換をしていた先生が今は理事をされていて、ニュースイッチの私の記事を見て、「中央の情報を少し、持ってきてもらおう」と思案してくれたのでした。地方国立大として気になる複数テーマを、理事のご提案に合わせて組み合わせて学長、理事、学部長など幹部向けに講演となりました。写真はその出発時のものです。Dsc_2416 オレンジ色のバッグは同じ形を店舗で手にして気に入るも、「どうしてもこの色でほしい」と2か月待ちで購入したブランドニュー(新品)です。「コロナが以前よりは落ち着いて、遠出ができる」ことを楽しみにしての、事前入手でした。

でも遠方で、交通費を手当てしていただくのに、講演1本(1時間半ほど)だけではもったいないです。仕事柄、まず「取材もいたしましょうか」と持ち掛けます。が、今回は地元支局がそれなりに食い込んでいて、私が出るまでもない状態です。そこでもう一つ、講演をすることにしました。こちらは一般教職員向けに、定番の研究成果を社会発信するノウハウ、1時間ほどです。

実は講演を2本続けてというのはけっこうきついです。足も喉も痛くなりますから。さらに今回、間に1時間の休憩をとっていたのですが、質疑応答が長引いたこともあって30分になってしまいました。2本が大変だということは以前にも体験していたので、いったんは「2部は、理系学部の教員と懇談などどうですか」と持ち掛けたのですが、先方とやりとりしているうちに「この感じでは、メディアだの文科省だのに対する文句と注文を、私が一手に受けるだけになってしまいそう」と気づきまして。それなら講演の方が、と切り替えたのです(笑)。

結果、大成功。1部も2部もそれぞれ、質問が6件ほど、多様な人から出ました。質問が多いのは聴講者に刺激があったことに他ならないので、講演者冥利に尽きます。そして2件講演をすることで宿泊も付けてもらうことができました~(笑)。

あの距離で日帰り(終了時間が早い場合、日帰りになる、と事務方に言われていました)ではちょっと…。それなら「Web講演でいかがですか」と”手抜き”したくなってしまうじゃないですか。でも初めての大学だし、フォーマルな形でない意見交換を、地方大学の幹部とできるまたとない機会でもあります。一泊を付けてもらって出向く方が、双方にとってメリットがある、と思って計画したのでした。 いかがです? 講演会2部制、または講演会+取材で、貴学でも企画してみませんか?

 

| |

« 22年8月第1週。理工系の授業に日刊工業新聞を取り入れる | トップページ | 22年8月第2週。東工大・東京医科歯科大の統合協議、社会が縦型から横型へ&LCA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22年8月第1週。理工系の授業に日刊工業新聞を取り入れる | トップページ | 22年8月第2週。東工大・東京医科歯科大の統合協議、社会が縦型から横型へ&LCA »