« 論文雑誌の転換契約、東北大でスタート &知る人ぞ知る東大「懐徳門」 | トップページ | 滋賀大学長の驚きの経歴& 東工大の転換契約に米国化学会が& 東北大と新会社を作った三井住友信託銀行& 地域中核・特色大学事業で私大ブランディング事業を思い出す »

2023年8月12日 (土)

仕事関連でない人と付き合う機会を

家人の知人が住む、関東圏地方都市に一泊で遊びに行きました。芸術系の職業で子育て中という家族で、その友人家族、さらにその知人の家へと順に顔を出させてもらいました。田舎に遊びにいったのは確かなのですが、でも「何をしに行ったの?」と問われると、「いつもと違うタイプの人たちとおしゃべりして、一緒にご飯を食べて、刺激を受けて帰ってきた」という振り返りの小旅行でした。

移住子育て世代だったり、夫婦とも複数の仕事を持つ(IT系に農業、介護など)シニアだったり。親の介護を経て実家の古民家(築150年、年長富裕層女性向け雑誌に載っているような雰囲気です:写真)で一人暮らしの女性、そこへ欧州在の娘さんが帰京していたり。Dsc_0721 そんな人たちの暮らしを新聞などメディアで耳にしていたけれど、実際に会って、しかも親しく話をするという経験は、なかなか新鮮でした。私自身、「あと10年もしたら、東京を離れているかも」と思うクチなので、参考になる面もありました。

普段、お付き合いする相手は仕事関連になりがちです。今の仕事は東京ならでは、のものです。どちらもそれでよいと思っています。でも時々は、ね。違う生き方をする人たちと交流することは、様々な切り口での社会の多様性を理解する上でも、重要なのではないかと思いました。

旅行も若い頃は、刺激があるものを好んだものです。運動が苦手なのにも関わらず、体験ツアーが用意されているということで、乗馬もしたし、急流ラフティングもしたし、スカイダイビングもしたし(これはちょっと自慢)、スキューバダイビングもしたし。でも年を重ねて、若い頃とは違う形を味わえるようになった。そのこと自体も嬉しく感じています。

| |

« 論文雑誌の転換契約、東北大でスタート &知る人ぞ知る東大「懐徳門」 | トップページ | 滋賀大学長の驚きの経歴& 東工大の転換契約に米国化学会が& 東北大と新会社を作った三井住友信託銀行& 地域中核・特色大学事業で私大ブランディング事業を思い出す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 論文雑誌の転換契約、東北大でスタート &知る人ぞ知る東大「懐徳門」 | トップページ | 滋賀大学長の驚きの経歴& 東工大の転換契約に米国化学会が& 東北大と新会社を作った三井住友信託銀行& 地域中核・特色大学事業で私大ブランディング事業を思い出す »