« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月28日 (日)

東京医科歯科大、湯島の大規模再開発&早大、会見で国際卓越再応募を発表&東海大、機器の共用・遠隔利用で先進

1.GWに国立大の土地活用をまとめようと考えて、東京医科歯科大の越中島について取材に行きました。未公表ですがかなりの収入が見込まれています。それを何に使うか? ということで、予想していなかった大きなニュースが得られました。

久々の一面トップです。1年前に、国際卓越の初回応募で、東大の具体的内容を書いて以来です。電子版でもニュースイッチでも、閲覧数はなかなかのものでした。東工大と統合して東京科学大になると、私の母校にもなるわけで、その点からも大きな記事を書けたのを嬉しく思います。

写真は湯島キャンパスを、聖橋側から撮影したもの。これまで明大通り側からばかり撮影していましたが、こちらの方がいいフォトスポットだということを発見しました。Dsc_1395  記事はこちらから。

2.早大は2032年に創立150周年を迎えるにあたり、その先の2050年を見据えた事業構想で会見を開きました。ちょうど国際卓越研究大学で目指す期間とも重なるため、両面から重要だと位置づけています。

発表資料はPPTとともに、要旨としてA4の文面2枚も配られました。これは「国際卓越の再挑戦の申請書類で書くべき項目が、すべてここに載っている!」と思う充実度でした。両方をあわせてHPにもばっちり出ています。国際卓越の認定を狙うライバルの他大学が、注目すること間違いなしです。というか、「国際卓越に関心のある大学が、これをチェックしないのでは、もぐりですよ」というほどの情報公開です!!

ちなみに要旨文面のラストには、「早稲田大学が日本のアカデミックトランスフォーメーション(AX)を実現します!」と太字の赤字(早稲田カラーのえんじ色?)が載っています。AXって何? ですよね。会見で質問しました。その答えを受けてコラムを出稿していますので、紙面でご覧ください。ということで、AXについては先送りですが、記事はこちらから。

3.東海大の機器共用で最近の展開をニュースに書きました。また、ニュースではないけれど、「へええ」と思ったのは、「学生オペレーター制度」を15年ほど前から動かしているという点です。

同大の技術職員は医学部の伊勢原では臨床試料の分析のため多いものの、湘南は本部といえどもそう多くなく、学生が活躍します。卒研や修士研究で「この装置についてはあの人がバッチリ」と力を付けた学生がオペレーターに認定され、下の学年の学生の指導をしていくのだそうです。では記事はこちらから~。




| | | コメント (0)

2024年4月27日 (土)

急ぎ仕事の間のランチにお茶漬けを

4月最終週、引き続き「割り当て地獄」(オンライン授業で言われた、課題地獄をもじったもの)で体力的に辛かったのですが、その中でもランチの楽しみを一つ。

午後13時半から記者会見があって、駅すぐの大学なので「行けるな」(ランチが食べられるな)と踏んで、13時に駅の飲食店に入りました。「地下鉄、13時20分発ではギリ遅刻かな、15分発に乗ろう」と、スマホの交通検索と腕時計を見ながらです。

お店は「だし茶漬け えん」。ここの「小エビ・小柱・磯天」が私、大好きなんですよ~。磯辺揚げのお茶漬けで、油分が浮いているのをすするのがおいしいくて。久しぶりなのでこの日は絶対にこれ、と決めていました。

よしっ、と口を拭ってぱっと出て、ホームを降りると「ああ~、電車が行っちゃった」。と思ったら、なんと一本前の10分発を逃した状況でした。よ、余裕じゃん私…。年長になって近年は、無理を避けていたのでこんなのは珍しくて。疲れたてぐったりなはずだったのに、元気な面もあるのものだと、我ながらおかしかったです。

写真は、別の駅で撮影した同じチェーン店の「えん」です。Dsc_1467 入り口には「Fast Food」と書かれていて、まさにそのままのランチでした。駅の飲食店は外国人の利用も多くなってきて、最近はメニューの英語併記をよく見かけます。この日も実際、外国人が後から入ってきました。

一方で驚いたのは、ビジネスウーマン風の人の人がタブレットパソコンを横に立てて、映画かドラマかを見ながら食べていたことでした。お店は混んでなかったのでSlow Food でも 問題なさそうですが、ちょっとびっくりです。

わずか8分ほどの間でここまで周囲をチェックしていることも、我ながらびっくりです。これって多忙かつ観察眼が重要な記者ならでは、かもしれません?!

| | | コメント (0)

2024年4月21日 (日)

筑波大、国際卓越第二弾応募のポイントは?

最初は、「どう書こうかなあ」と迷っていたのです。筑波大で初めての東京における記者懇談会のことです。国際卓越研究大学への応募第二弾に対する話が必ず出るし、自らいい出さなくても記者から質問がされるはずだし、それで一般紙はすぐに書くだろうなあ、と想像していて。締め切りが早く、一般紙よりステイタスが低い弊紙が、必死になって同様に記事を書いたところで、社会的な価値は低いからなあ、と迷っていました。

そうしたら国際卓越の件より前に、「事業・ファイナンス局の新設」というネタがちゃんと用意されておりました。普通の大学担当記者にはちょっと分かりにくいテーマですが、日経の記者が(さすがに)細かく聞いていて、翌日付掲載、間違いなしです。ますます「私はどうしようかな」と悩みが深まりました。写真は会見のシーンです。Dsc_1342

さらに、マレーシアでのキャンパス開設の件も紹介されました。これ、地元のメディア記者(一般紙の支局や地方紙の記者)向けの懇談会(筑波大は月1と頻繁に開催しています)で発表済みだったのですが、ユニークで興味を惹かれます。そんなこんなで、あれやこれや紹介されたものをひっくるめて…。

書きました。「筑波大学は国際卓越研究大学の公募第2弾に、国立大学で最大規模の大学基金の整備と研究・教育の学際性、国際性を柱に応募する」って。基金の説明として事業・ファイナンス局の新設を、学際性についてはそれを売りにした産学連携で基金原資を獲得することを、国際性の切り口ではマレーシアキャンパス開設を、それぞれ取り上げました。

掲載日はだいぶ遅れましたが、読者はきっと読み込んでくれたことでしょう。だって文科省記者クラブでチェックした一般紙の記事は、「国際卓越に再応募する」1件と、「事業・ファイナンス局を新設」1件と、それだけでしたから。では
こちらからどうぞ~。

| | | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

締切を守らない方策

長期休暇となるゴールデンウィークの前は例年、紙面制作が前倒しで大わらわです。近年、弊紙では週1回の定番などの連載企画が多数、記者に割り振られる(割り当て)ようになっていて、大変です。おまけに発表も、GW前にしてしまおうという判断なのか、多くて参っております…。

「週あけての月・火が締切」というのがなんと、大小合わせて5本もあり、これにニュース関連で急ぐものが2本あります。写真はそれらの執筆に向けた資料群です。まとめ記事を書くために、先に掲載した記事も写っております。Dsc_1453

執筆だけではありません。この2日間に、以前から入れていた取材2本と、最近になって入ってきた発表が1本。ウェブではなくいずれも現地に出向きます。昨日の金曜、その前日の木曜と、これに備えて動いていたのですが、労働時間が通常より長くなってもう、疲れて疲れて、体調が悪くて…。

こんな時、どうしたらよいでしょうか。私は「締切を全部、そのままは守らない方策」を考えて動きました。すなわち、各連載の担当デスクに片端から連絡をして、「大量の締切にアップアップしています。なんとか少し後ろ倒しにできませんか…」と泣き落とすのです!

だって締切って、少し余裕を持たせて設定しているものですよね。突発的なものがあっても、なんとかしなくてはならないですから。だから「行数も守って、写真や図など含めて確実にこの時までに来るというのなら、もう少し後でも大丈夫」という余裕が、実はそれなりのケースであるのです。

もう一つ言うと、今回はGW対応だから難しいものの、通常の毎週、各記者の割り当てがあって順に締切が来る形だと、ぐっとずらせることがあります。「飛び込み(早く載せてほしいという、記者からの急なリクエスト)があったから、その次の番、つまり1週間先でいいよ」とか、「事情があって、掲載待ちが積み残っているから、来月中旬までで大丈夫」とか、楽々、希望が通ることもあるのです。

今回は実際、1本は一日先でOK、もう一本は1日半先でOKという返事をゲットしました。助かった~~~。

軟弱な私は、このように頻繁に予定を組みなおして、調整を重ねて、なんとか社会人をドロップアウトせずにやってまいりました。体力があって頑張り屋の人は、過度に自分を追い込んでしまう傾向があるようですが、時には自分を甘やかして、上手に手を抜いていってくださいね!

| | | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

東京海洋大の広大な土地活用&早稲田NEOの社会人教育

1.東京海洋大学の土地活用、2キャンパス合わせて6万6000平米!の大規模計画が進行中です。本件、最初に気づいたのは前の学長時代のこと。今の学長就任時の新学長インタビューで様子をうかがい、「高層の建物でパンパンの国立大学もある中で、こんなに広々~としたまま。どのように活用していくのだろう」と関心を持っていました。
土地関連は関連業者から案を募るところから、入札や決定などHPでアップされていくのですが、なかなか追ってはいけません。正直にいうと大学のHPは頻繁には見ない(どの案件もアップされた時点で、報道機関が重視するニュース性は失われているから)ためです。そのため最初の段階はキャッチしそびれましたが、学長と会話をする機会にオンゴーイングの様子が分かったので、取材へと進みました。

写真は越中島のキャンパスマップ(HPから)。道路上側の土地のほとんどが活用対象のようです…。14

大型案件だけに今回は、事務方も慎重でした。Webで事前説明がなされて、取材時も筆頭理事と総務担当理事に加えて大勢が同席して。数字がてんこもりの案件(数字がないと記事の魅力が激しく下がってしまう)だったので、私も気を付けて何度もやりとりをして、記事を仕上げました。それだけに、読み応えのある記事になったと嬉しく思っています。本件は長期戦、また随時、取り上げてまいります。記事はこちらから。

2.社会人教育の連載のうち、早稲田大学は早めに取り上げようと思っていました。なにしろ「社会人向け」という切り口でも、いくつものプログラムが走っていて多彩だからです。

本連載、「取り上げは大学ごとではなくてプログラムごとに」と、私がデスクにリクエストをして設計しました。1大学でも大学院とか夜間とか、通信制とかビジネスタイプとか、教養タイプとか複数が走っていれば、それを順に取り上げられるじゃん! ネタ不足に悩まないでいられるじゃん! というのが理由です(笑)。早大はその意味で「早く取り上げて、中盤にも取り上げて、全部で3回は堅いな」と考えた大学、というわけです。記事はこちらから~。

| | | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

新聞休刊日とは? 大宮盆栽美術館を満喫した平日

新聞紙を購読されている人は世の中の少数派になってしまいました。が、「新聞紙面に大きく取り上げてもらいたい」という組織や人は、それなりにいるようなので、新聞休刊日についてお伝えします。休刊日が近い時の記者会見は、期待したような記事取り上げになりにくいためです。

これはだいたいひと月に1度で設定されていて、一般紙や弊紙など大所は紙の新聞を発刊しない日です。月曜のことが多いですが、3連休明けの火曜などのこともあります。

なぜこのようなものが設定されているでしょうか? その理由は一般にはなかなか、思いつかないことでしょう。目的は、新聞販売店における新聞配達員の休日を確保することなのです。

大手新聞社の編集局は、緊急のニュース対応のため、週末や夜間も交替制である程度の人が出社しますが、基本的には土日は休んでいるはずです。ですが新聞販売店の配達員は人数が限られているので、配達は毎日、続きます。日曜と祝日は夕刊がありませんが、朝刊はあるので、旅行などしづらいですよね。それでしっかり休める日を確保するということで、休刊日が設けられているのです。紙面の部数がいくら減少しても、宅配制度を中止してすべてWebにシフトするその日までは、この事情は変わらないことでしょう。

この休刊日、実は新聞社としては直接的には関係ありません。新聞制作は前日までに終わっているからです。新聞社の編集にとって影響が大きいのは「休刊日前」です。休刊日にあたる新聞の制作がなされない日、です。月曜の休刊だと一般紙は日曜ですが、土日に新聞を出していない日刊工業新聞は金曜になります。つまり、「休刊日前の金曜日は比較的、周囲に気兼ねをせずに休みをとることができる」のです。これは大きいです!!

直近は4.12(金)がそうでした。私は「通常の土日祝では混んで大変な、人気施設に行こう」と計画していたのですが、前々日にWebを見たら、体験予約はなんと2カ月先まで一杯。考えが甘かったようです。変更して出向いたのは、以前から行きたかったけど「平日でなくてもいいかな」と思っていた施設です。これがよかったんですよ。それは「さいたま市盆栽美術館」です! 写真はその例と、屋外展示風景です。Dsc_1420 Dsc_1421

盆栽は松が本流で、推定1000年超なんていうものも出ていましたが、「生きているか死んでいるかわからない造形物」と、ここに来るまでは考えていました。ところが。ここでは四季をしっかり感じられるものも多くて驚きました。カリンは白い花が満開で付いていたので、秋には小さな実がたくさん、成るのでしょう。この日は小さな芽吹きの葉を付けた鉢は、秋には紅葉して冬には枝だけになるはずです。同館の所蔵のうち季節に合わせて展示するそうです。

屋内展示はまさに芸術作品の品格で。茶室に飾られた様子を再現していたり、歴史や文化的な資料を展示していたり。庭園など自然と、通常の美術館・博物館の、両方の魅力を一度に味わえるものは、他にないのではないでしょうか。3分の1は外国人でしたかね。こんな施設ですから、ゆっくり落ち着いた平日に出向いたのは、結果的に正解だったと振り返ります。

このレベルの高さに対して、入館料は格安です。盆栽園が集まっているこの辺り「大宮盆栽村」を、市が応援しているためでしょう。大人310円、シニアだと150円。昨今は国立の美術館でも1800円など高いことを考えると、驚きです。住まいが近かったら私は間違いなく、年間パスポートを保持していることでしょう。

ということで大事な休刊日前。言うまでもないことですが、私の年間一枚カレンダーには、年間通しての休刊日前が記入されています。もちろん全部、休みます。来月はあそこに出かけて、再来月はあの案件で。まだ埋まっていない日付に、どんな予定を入れるか、思いを巡らせています~。

| | | コメント (0)

2024年4月 7日 (日)

東京科学大のトップ候補は3人、その背景は?

東京科学大の法人の長の選考で、第1次候補者3人が発表されました。HPアップを知ったのは月曜の昼。「あと一時間で別の取材に出なくてはいけない。あっ、ランチはちゃんと食べられるだろうか」という状況でした。

時間の余裕がなかったので、ほぼHP丸写し。それでも東京医科歯科大にしろ東工大にしろ、常時HPをチェックしている読者は少ないはずなので、弊紙読者にとっては意味のある記事だと思っての出稿です。

それでも、ちょっとだけ分析を入れました。「第1次候補者が3人だったことから(ここから人数が絞られるのではなくて)全員が、5月初旬に行われる両大学の役員・教職員全員が視聴可能な公開ヒアリングに臨む可能性もありそうだ。」というのと、「他薦が可能なため両大学の現学長がそろって候補となることは予想されたが、統合を進める上で融和の難しさを抱える。」という点です。取材先でのゲラチェックを含め、ここまでで記事掲載となりました。

けれども私も気になっていた点が、記事では言及できていません。というか、その日はずっと「今回の発表内容をどう理解したらよいのだろう」と考え続けていました。

私は統合の記者会見後、何度か今の両学長同席の取材をしています。少なくとも3回。個別に話す機会はさらにありました。なので、「どう考えても2人が対決する形にはならないはず」「対決せずに、よい船出になるような選考を、合同選考会議でひねり出したに決まっている」「となると…」と、うんうん唸って推測してみました。

それでニュースイッチです。「両大学の構成員は、自校出身者を推すのが普通だから、他薦を含めて現在の両トップが候補になるのは自然なこと」「他に10歳ほど下の世代の候補者もいて、違う切り口の提案も期待される」と説明。今回の候補3人というのはリーズナブルなのではないか、と指摘しました。その上で、両大学が喧嘩することがないよう、内外の関係者の意識を促すコメントとしました。

内容に加えて文面も、時間をかけて練りました。さらにフェイスブックで、通常の発信に加えて、東工大のグループでも発信したので、それぞれでコメントを変えるのに、さらに頭を使いました、笑。

記者が解説記事を書く場合は、タイプや意見の異なる複数の人に話を聞いて、「なるほどこういうことか」と理解し、その上で時には自分の意見も加える、というのが理想です。時間がある時には私も、この手順を踏んでいます。

ですが担当の長いベテラン記者だとそこまでしなくても、常日頃の取材先そのほかとの会話から得てきた、自分の蓄積でパッと書くことも可能です。私も時々、この形をします。

ただその時点での直接、関係者から話を聞いていないと、「私のこの判断で大丈夫だろうか?」と自信が持てません。まあ社説など、プロとしての記事記述ではなく、SNS系の〈おしゃべり〉なので、多少は許される中と考えて、発信しちゃいました。それだけにニュースイッチを読んだある関係者が即、前向きな感想をメールで送ってきてくれたのを、嬉しく思いました~。

写真は東京医科歯科大です。Dsc_1249  少し前の撮影なので、右の中くらいの高さの機能強化棟(C棟)が工事中だったのでは、と思います。が、この棟の外観はぱっと見、工事中のカバーがかかっていた時も、完成後も、あまりよくわからないのです。ということで正確なところは「?」です。

それでは記事はこちらから、どうぞ。

| | | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

非常勤講師の給与と交通費、通帳にはどう記載されるか

年度替わりで、大学の非常勤講師を新たに始めた方もいるかと思い、こんなブログタイトルを選びました。今時分に契約書類のやり取りをすることが多いのですが、一つに勤務先または自宅と大学の、交通経路などを記述する紙があります。写真がそれです。Atosute-dsc_1401

問題は記述した経路で、実際に大学に出向いて授業をした後です。通帳の振込みの記載がぱっと見て、わかりにくいのです。「振込みましたよ」という給与の通知も郵送されてきて、そこには単価や担当したコマ数などは書いてありますが、交通費は含まれていないのです。

それでは、実際に通帳を見てみましょう!(こちらの写真はお見せできませんが、笑)。まず年月日、そして次の「摘要」欄の「振込1」「振込2」(この違いは私もわかりません)に続いて、「ナニナニダイガク」とあり、金額欄で「あれっ、ずいぶん寂しいじゃん!」というのがあったら、それは交通費の可能性が高いです。私の場合の1000円くらいで、この小ぶりな感じから「あ、交通費だな」と気づきます。授業の実施後、比較的早く振り込まれます。

そして授業実施に対する給与は、一カ月後など少し間を置いてから振り込まれます。が、問題なのは、大学名が記されていないことです!! 摘要は「給料」のみです。本務の組織以外との雇用契約が、この案件だけならば、「あ、これが非常勤講師だな」と分かります。が、複数の大学で非常勤講師を含む雇用契約がある人は、「これはいったい、どの機関からだろう…?」と確実に迷います。私は国立大学しか知らないのですが金額は、時給5000円くらいに、実施のコマ数の時間分が掛け合わされたものです。なので「A大学は週1×15回、B大学はオムニバス形式の授業だから1回だけ」など、差があるケースならわかると思いますが。

ちなみに同じ大学でも、単発の講演会など、給与ではなく謝金でお手伝いするケースは、振り込みに対してちゃんと「ナニナニダイガク」とか、「ダイ)ナニナニ」(大学の略語が先に付いている)とか、記されています。交通費・宿泊費込みで入ってくるケースがほとんどです。

私の非常勤講師は「1コマだけ」を「3科目」といったバラバラな状況です。だから、そんなに目を光らせて通帳をチェックするほどのことはないんです。でも。でも、ねえ。やっぱり正しく入っていないと嫌ですよね。頻繁ではないですが間違いも、複数の大学で始めたばかりの頃にはありましたし。

願わくは、そんな細かにチェックしなくてもいいくらい、振り込みがジャンジャンあって、通帳の残高が膨れ上がっていくことでしょうか(笑)。そんな夢を見ながら、現実はコツコツとお手伝いを続けることにいたします。

| | | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »