« 北陸3県のスタートアップイベント、駆け足となる中で… | トップページ | 先端人間ドック、懸案事項を指摘されて嬉しい »

2024年5月12日 (日)

私大の研究機器共用化&国立大土地活用まとめ

1.私立大学の研究機器の共用・遠隔利用のまとめで、東海大と早大を取り上げました。どちらも「国立大と比べて学生が多いため、機器は全学で共用する形が、国立大と違ってかなり前から進んでいる」という論旨です。

加えて、オープンサイエンスの研究データの共有・管理の点で、この状況が優位と知って「なるほど!」と思いました。理工系の研究で、国立大より私立大の方が進んでいる、という状況は一般的でない分、わくわくしてしまいましたよ。記事はこちらから。

2.ゴールデンウイークのまとめ、国立大の土地活用。このテーマ、他の一般メディアは、地元の大学が発表したケースを地方版で取り上げるだけのようです。東京版を含めて私が目にしたのは、以前の東工大の田町くらいですかね。逆にいうと「地方大学もこんなにたくさん、実施してるんだ」というのを、文科省取材で知りました。

土地や建物の話は大学関係者にとってはかなり重要なテーマです。が、社会部の教育担当記者にしても、科学部の科学技術担当記者にしても、ちょっと手が出しにくいor出す必要がない、と考えているのかと想像します。

写真は東京学芸大のキャンパスで今春、スタートした「辻調理師専門学校 東京」の建物です。なかなか立派ですね。Dsc_1339 40年後には壊して更地になって、大学に戻ってきます。もったいない気もしますが、40年も経てば改修を思案する時期になりますし、それなりにリーズナブルかもしれません。それでは記事は、こちらから~。


| |

« 北陸3県のスタートアップイベント、駆け足となる中で… | トップページ | 先端人間ドック、懸案事項を指摘されて嬉しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸3県のスタートアップイベント、駆け足となる中で… | トップページ | 先端人間ドック、懸案事項を指摘されて嬉しい »